カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 KENDA ケンダ KOMET PLUS KR23 サマータイヤ 155/65R14 ブリヂストン BALMINUM Z5 ホンダ専用ハブ ホイールセット 4本 14 X 4.5 +40 4穴 100


 >  > カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 KENDA ケンダ KOMET PLUS KR23 サマータイヤ 155/65R14 ブリヂストン BALMINUM Z5 ホンダ専用ハブ ホイールセット 4本 14 X 4.5 +40 4穴 100

カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 1:59】サマータイヤ KENDA ケンダ KOMET PLUS その他エンジンパーツ KR23 サマータイヤ 155/65R14 ブリヂストン BALMINUM Z5 ホンダ専用ハブ ホイールセット 4本 14 X 4.5 +40 4穴 100

■北朝鮮の海軍基地一覧

 参考書籍の題目をそのまま引用することが複雑なことにより、次のような略語を使用した。

英国JIG、Jane's Fighting Ship - JA(一般販売)

英国IISS、Military Balnace - MB(一般販売)

米国議会調査局、Country Study 北朝鮮編 - CS(一般販売)

米国陸軍省、FM34-71 82年版 - FM(米国で一般人購入可能)

米国Naval Institute、Guide to Combat Fleets of the World - NICF(一般販売)

米国Naval Institute、Guide to Far Easter Navies1978年版 - NIFN(一般販売)

 西海艦隊の所属の海軍基地は、北から鴨緑江河口付近の多獅島、南浦、琵琶串、椒島、沙串等、5個地域に位置している。この中で南浦と沙串が主力基地であろう。俗に沙串基地だというが、黄海南道甕津郡~康翎郡~海州市を連結する線上に沙串基地の外にも、多数の群小基地が存在するであろう。この5個基地の外にも、数ヶ所の群小基地が更に存在する可能性もある。李グァンスは、平安南道平原郡が潜水艦第1基地、南浦が潜水艦第2基地と語ったが、これは、偵察局海上処系統の基地を意味するのだろう。また、マスコミ報道によれば、李グァンスは、南浦港 カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 DUNLOP ダンロップ LEMANS5 ルマンV LM705 サマータイヤ 215/45R17 MONZA JP STYLE Baker ホイールセット 4本 17 X 7 +38 5穴 114.3、琵琶串が潜水艦基地だと言及したことがある。

基地名 解説
多獅島 平北塩州郡多獅労働地区に位置する基地。国防白書、MB、CS93、NICFで確認可能。MB、CS、NICFでは、Tasa-riと表記。防衛叢書と金正日大図鑑の警備戦隊駐屯地。金 イルボムの証言中の第12戦隊
南浦 南浦直轄市に位置する基地。国防白書、MB、CS93、FM、NICFで確認可能。西海艦隊司令部所在地。防衛叢書では、南浦警備戦隊、ミサイル高速艇戦隊、潜水艦戦隊の駐屯地として出てくる。金正日大図鑑には、警備戦隊、ミサイル高速艇戦隊駐屯地として出てくる。CS93では、潜水艦基地として紹介している 。
琵琶串 黄海南道クァイル郡に位置する基地。国防白書、MB、CS93、FMで確認可能。MBとFMでは、Pipa-gotと表記されている。国防白書88、89、90年版とCS93に添付された地図には、椒島南方に琵琶串が位置するものとして描かれているが、これは誤りである。地図で直接琵琶串を確認してみた結果、琵琶串は D-SPORT/Dスポーツ ブレーキローターType-S (L) 大径ベンチレーテッドディスク車用 ブーンX4 M312S 06.03~10.02 オプションサイズアップブレーキ装着車 43512-B081、行政区域上、黄海南道クァイル郡で、椒島の北側に位置する。NICFにおいて西海の潜水艦基地Pip-gotとして紹介する地域も、琵琶串の誤表記と考えられる。防衛叢書には、魚雷戦隊駐屯地として紹介しており、金正日大図鑑では、分遣基地と表記している。CS93では、潜水艦基地として紹介しており、ジェーン年鑑でも、潜水艦訓練が琵琶串で行われていると言及したことがある。
椒島 黄海南道クァイル郡椒島里に位置する基地。国防白書、MB、CS93、FM、NICFで確認可能。MBでは、Chodo-riと表記している。防衛叢書の魚雷戦隊駐屯地。金正日大図鑑では、分遣基地に分類している。99年6月の西海南北交戦当時、椒島に位置する第9戦隊が8戦隊の2倍に該当する戦力を持っていると報道したことがある。金正日大図鑑では、単純に分遣基地としていること から、第9戦隊全てが椒島に駐屯するものではなく、第9戦隊の一部が椒島にも駐屯しているのかも知れない。
沙串 最近の北朝鮮の行政区域において西海岸一帯に沙串という地名は、確認されていない。各種報道上に表記された位置は、概ね黄海南道甕津郡又は康翎郡付近と推定される。国防白書、MB、CS93、FM、NICFで確認可能。MBとFMでは、Sagon-niとして表記しており、NICFでは、Sagon-riとして表記している。防衛叢書では、警備戦隊駐屯地。金正日大図鑑では、警備戦隊2個及び魚雷戦隊駐屯地と説明している。西海交戦当時、第8戦隊駐屯地と報道されたことがある。第7戦隊も、付近に駐屯しているものと推定される。
  -①防衛叢書86には、広梁里に魚雷戦隊が駐屯するものと出ているが、正確な位置は確認できない。FM34-71 82年版にも、Kwangyang Niが出てくるが、やはり位置は分からない。-②NICFには、上の5個基地以外にも、  Pupo-ri(釜浦里?)、Sohae-ri(西海里?)、Sunwi-do(巡威島?)等、別資料で全く見られない多数の基地名が登場する。北方限界線付近の基地と推定されるが、正確な位置は分からない。-③NICFには、Yogampo-ri(龍岩浦里?)という基地名が登場するが、龍岩浦を意味するものと推定される。MBでも、Koampo(コアンポ?、龍岩浦の誤表記?)という別資料では全く見られない基地名が登場する。 龍岩浦の誤表記である可能性が高い。「北朝鮮解体新書」でも、鴨緑江下流地域の龍岩浦を海軍基地として表記している。韓国資料で1度も海軍基地として紹介したことがないのを見れば、海軍基地だとしても小型基地であるものと推定される。-④FM、NICF、NIFNでは、海州(Haeju)も海軍基地として表記されている。また、李グァンスは、西海岸の南浦、琵琶串、海州が潜水艦基地だと陳述したことがある。一般的に、北方限界線付近では、沙串が主力基地と考えられるが、黄海南道 甕津郡~康翎郡~海州市一帯に数個の群小海軍基地が分散配置されたものと推定される。防衛叢書に海州に警備戦隊が駐屯するという資料もあることを見れば、海州市付近に小型海軍基地があるか、あった可能性がある。-⑤李グァンスの陳述中、平安南道平原郡に所在する潜水艦第1基地は、海軍所属ではなく、偵察局海上処所属基地と考えられる。仮に偵察局海上処所属だとしても、この地域に潜水艦の停泊及び整備が可能な基地が存在する事実は、確認されたことである。

 東海艦隊の海軍基地は、豆満江付近の羅津を始めとして、富岩洞?、遮湖、金策、新浦、馬養島、楽園(別名退潮)、元山及びその付近の文川-松田-黄土島、休戦線近隣の長箭等、10余個地域に位置している。

 楽園(別名退潮)は、東海艦隊司令部が位置するところである。東海艦隊の各基地中に遮湖と元山基地が主力基地であろう。李グァンスは、馬養島が潜水艦第3基地と言及したが、これは、偵察局海上処系統の基地を意味するのであろう。また、マスコミ報道によれば、 李グァンスは、遮湖港、退潮港、松田港、元山港が潜水艦基地と語ったことがある。特に遮湖と退潮(楽園)は、地形上、潜水艦基地として利点がある港湾だという。

基地名

3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 PLUS 4本 KENDA 4.5 ホンダ専用ハブ 100 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 KR23 ケンダ ホイールセット 4穴 14 BALMINUM ブリヂストン PLUS Z5 +40 サマータイヤ カードでポイント最大34倍 X 155/65R14 KOMET

解説
羅津 羅津先鋒開放区域羅津市所在。MB、CS93、NICFで確認可能。国防白書では、1度も北朝鮮海軍基地として紹介したことがない。防衛叢書でも、羅津に海軍基地があるという言及はなかった。NICFでは、東海艦隊主力基地として紹介しているが、金正日大図鑑では、分遣基地として紹介している。北朝鮮の羅津級 国産車用バッテリー PSバッテリー PSR-85D26L 【廃バッテリー回収も送料も無料】、ソホ級等、フリゲート級以上の大型艦艇を多数建造したとことが羅津造船所であることから、艦艇建造・修理・整備施設が多数存在する可能性が高い。一部の外国資料において主力基地として紹介したのは、そのような意味の主力基地であり、海軍主力が多く配置されたという意味ではないだろう。
化成?清津?

咸鏡北道化成郡と清津特別市羅南全てに富岩という地名があり、正確にどこを指し示しているのかは分からない。国防白書、MB、CS93全てに登場するが、位置は 少し不確実である。国防白書は富岩洞、MBではPuam-Dong、米議会調査局資料はPuam-niと表記している。CS93に添付された地図のPuam-niは、咸北化成郡の富岩里だが、北朝鮮解体新書の富岩は、清津特別市 羅南の富岩である。北朝鮮解体新書の改訂版である金正日大図鑑では、清津羅南付近の富岩には、海軍基地表示をなくし、咸北化成郡富岩里と咸北漁郎郡武渓湖付近に海軍基地を表示したものと見れば、各種資料の富岩○は、清津富岩ではなく、化成郡の富岩である可能性が高い。
金策

楡津湾?

楡津端?
咸鏡北道金策市に所在。米英系統の資料では、FMとNICFにだけ確認可能である。両資料では、Kim-Chaekとして表記している。防衛叢書には、金策に警備戦隊が駐屯していると出ており、金正日大図鑑にも、警備戦隊駐屯地として表示している。国防白書88、89、90年版は、添付地図において富岩洞東北方羅津付近 程度の位置に海軍基地を表示しており、「楡津湾」と地名を付けていた。しかし、筆者が地図上で確認してみた結果、

、羅津付近に楡津湾という地名はなかった。 むしろ、金策市で楡津端という地名を確認することができた。従って、国防白書88~90年版に登場する楡津湾は、金策市楡津端を意味する可能性が高い。ただ、国防白書88~90年版の添付地図に登場する楡津湾は、富岩洞の東北方海岸に位置しているが、地名自体により信憑性を置けば、地図上の位置は、誤りだと見なければならないだろう。
遮湖 咸鏡南道利原郡遮湖労働者区域所在。国防白書、MB、CS93、NICF全てにおい確認可能。CS93、NICF全てにおいて、潜水艦基地として紹介している。韓国マスコミでも、遮湖基地が地形上、潜水艦基地として適当であると報道したことがある。防衛叢書では、駆潜戦隊駐屯地として、金正日大図鑑では、警備戦隊駐屯地として出ている。防衛叢書(86)では、遮湖が元山と共に編制単位としての基地と紹介していること から、東海艦隊主力基地の1つと見なければならないだろう。
新浦 咸鏡南道新浦市所在。過去、筆者は、新浦を馬養島と同一基地と考えていたが、馬養島と別途に新浦にも海軍基地があるようである。米英系統資料や国防白書では、直接的に新浦を海軍基地だと紹介したことはなかった。しかし、防衛叢書と金正日大図鑑では、警備戦隊所在地と出ている。
馬養島 咸鏡南道新浦市所在。国防白書、MB、CS93で確認可能。防衛叢書では 、潜水艦戦隊所在地として、金正日大図鑑では、潜水艦隊司令部として紹介している。CS93でも、潜水艦基地として紹介している。新浦又は馬養島に潜水艦造船所があることから、新浦-馬養島一帯に北朝鮮潜水艦を建造して、修理、整備する施設も存在するだろう。遮湖と共に東海岸の核心潜水艦基地と考えられる。
楽園

別名退潮基地

咸鏡南道楽園市所在。北朝鮮東海艦隊司令部所在地。国防白書は退潮、MBはToejo、CS93、NICFはToejo-Dongとして表記している。退潮は、過去、咸州郡退潮面所属であり、元来小規模の漁港があったところである。有名な興南港(興南埠頭)から東北方約12km程度の距離に位置する。旧興南市の東側一部地域と 旧咸州郡南側地域の一部、旧洪原郡西側一部地域を合わせて、北朝鮮が新たに作った地名が退潮郡で、退潮郡から再び地名を変えたのが楽園郡である。防衛叢書では、警備戦隊所在地として、金正日大図鑑では、駆逐戦隊所在地として出ている。艦隊司令部所在地であることから、駆逐艦戦隊が駐屯するだけの蓋然性がある。98年6月のユーゴ級潜水艇浸透事件当時、韓国マスコミは、咸南楽園郡に位置する第3戦隊が潜水艦を保有していると報道したことがある。
松田半島 国防白書88年版に「スンゴン」、MBではSongjon-Pardo、FMではSongjon-Pandoとして出ている。元山-文川周辺に スンゴンという地名がなく、韓国式地名にPardoという発音はぎこちないことにより、米陸軍FM34-71 82年版に出てくる「Songjon-Pando(松田半島)」という表記が正確なものと考えられる。NICFではPando、(別基地名)、Song-Jon式に半島と松田を別途の基地のように表記してあるが、根拠のない誤りと考えられる。金正日大図鑑には、松田半島(別名虎島半島)に海軍分遣基地があると出ている。98年6月のユーゴ級潜水艦浸透事件当時、韓国マスコミは、江原道文川市松田湾に位置する第13戦隊が潜水艦を保有していると報道したことがある。
元山-文川 江原道元山市所在。又は江原道文川市(郡)所在。国防白書89年版は元山、国防白書90年版は文川を海軍基地として紹介している。MBは、Munchonを海軍基地として紹介しているが、元山は漏れ落ちている。CS93は、元山を海軍基地として紹介しているが、文川は漏れ落ちている。NICFは、Wonsan(元山)を東海艦隊主力基地として紹介している。NICFは、元山と別途にMuchon-upを基地として紹介しているが、文川の語表記と考えられる。米陸軍FM34-71は、WonsanとMunchon全てを海軍基地として紹介している。防衛叢書86年版では、元山に警備戦隊、1、2魚雷艇戦隊、ミサイル高速艇戦隊、掃海編隊等、多数の海軍部隊が駐屯していると紹介している。金正日大図鑑にも、元山に警備戦隊、魚雷艇戦隊2個、ミサイル高速艇戦隊が駐屯していると紹介している。元山~ 文川~松田半島は、同一基地と見られるくらい、近接したところである。近い地域に多数の海軍基地が近接して位置しているようである。このため、地名表記方式に差があるようである。
長箭 江原道高城郡所在。金剛山観光の中間帰着地として広く知られている。国防白書、MBで確認可能。MBは、Chang-Jonとして表記している。NICFに登場するKsong-upという異常な地名は、高城を意味するようで、これは、長箭を指し示すものと考えられる。FM34-71 82年版のKosongも高城を意味し、やはり長箭基地を指し示すものと考えられる。防衛叢書と金正日大図鑑では、長箭を警備戦隊駐屯地として紹介している。金剛山観光で基地が完全に露出したことにより、近接地域に移転した可能性がある。
  -①FM、NIFNは、清津(Chong-Jin)が北朝鮮海軍基地だと紹介している。防衛叢書は、清津に警備戦隊が駐屯していると説明している。比較的最近の資料では、清津が海軍基地だという言及が出ていないのを見れば、過去には海軍基地だったが、現在は、海軍基地として使用されていないものと推定される。 羅南にある富岩洞が清津基地と同一基地である可能性もありそうである。清津のような有名な港湾が海軍基地として使用されていない事実は、多少意外だが、清津は、港湾としては適合しても、海軍基地としては clazzio シートカバー センターレザータイプ ダイハツ ブーン 型式 M700S/M710S 年式 H28/4- グレード X-Lパッケージ/X-LパッケージSA2 X-GパッケージSA2/CILQ-SA2/CILQ-GパッケージSA2 ≪ 運転席リフター有/リア背面6:4分割式用 ≫、適合しない地形でもある。-②Mugye-Poは、 ただMBと日本の「北朝鮮解体新書」でのみ確認される。MBでは、Mugye-Poとして表記しているが、地図においてこの付近に武渓浦という地名を持ったところは、確認してみたが、咸北漁郎郡に武渓湖という地名があるだけである。MBでは、Mugye-poとPuam-Dongが同時に出ているが、北朝鮮解体新書の地図に登場する武渓浦は、化成郡富岩里とは、近接地域であることから武渓○と富岩○は、同一基地である可能性もある。-③NICFでは、Namer-riSan-Jin DongYohori等、別資料では全く確認されない異常な基地名称が多数登場している。これらの位置は、確認できなかった。FM34-71 82年版にも、Yoko-riという正体不明の地名が登場するが、やはり位置が分からない。-④李グァンスは、元山-安辺近海の黄土島に潜水艦訓練場があると陳述したことがある。黄土島は、正規海軍基地ではなく、偵察局か作戦部所属の工作基地と考えられる。-⑤金正日大図鑑に出てくる地図には、遮湖~新浦の間に分遣基地があると表示されている。この基地の正確な名称は、確認できなかった。

■海軍基地

 公開資料である月間郷軍に報道された内容を見れば、北朝鮮の海軍基地も相当数が地下要塞化されているという。大邱の麓に位置する洛東江勝戦記念館内の展示室にこのように地下要塞化された北朝鮮海軍基地の模型を展示したことがあった。数年前に写真撮影のために、再び探しに行ったときは、 惜しくもこの模型が撤去されていた。下の図面は、日本のある公開書籍に出た北朝鮮海軍基地の概念図である。

 海軍基地の地価要塞化作業は、60年代末から始まり、80年代初めまでに、概ね作業が完了した。このような要塞基地は、東海岸に7個基地 MCS エムシーエス ミッション 1速 & 2速 ギヤ メインシャット 17 & 20T【1ST & 2ND GEAR MAINSHAFT 17 & 20T】 74-79 FX (NU)、西海岸に5個基地等、12個基地があるものと知られている。この要塞基地の核心施設は、基地付近の海岸岸壁をトンネル型式に掘削した退避壕である。退避壕は、干満の差を勘案して、海水面以下の安全深度まで掘削した。このような退避壕を1つ建設するのに、2~8年がかかるという。艦艇退避壕は、長さ500~900m、幅10~17m、高さ14~25m程度で、形態に従いㄷ型、E型、I型、Y型等がある。このような トンネル1ヶ所に10~13隻程度の船舶を収容できるという。退避壕には、水面出入口と地面出入口があるが、これら出入口は、鉄板で塞がれている。退避壕内には、船舶を水面上に 引き上げて修理できる挙船台まで備えている。このような退避壕の周辺には、海岸砲、海岸ミサイル基地等がやはり地下要塞化され、

カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 KENDA ケンダ KOMET PLUS KR23 サマータイヤ 155/65R14 ブリヂストン BALMINUM Z5 ホンダ専用ハブ ホイールセット 4本 14 X 4.5 +40 4穴 100

、連携作戦を遂行できるようにされている。

ブリヂストン REGNO レグノ GR-X2 新商品 サマータイヤ 215/60R16 ブリヂストン BALMINUM Z5 平座仕様(トヨタ車専用) ホイールセット 4本 16 X 6.5 +39 5穴 114.3 シルクブレイズ ヴェルファイア AGH/GGH30W 2WD専用 車高調キット アッパーマウント無 「複数種類あり」 アウタレフト の サイド シル コンプリート ■ 『図の略番 51415A のみ』 スバル純正部品 レガシィ 適合年式[平成21年02月~next]『品番』 51449AJ0309P ^j4^ アドヴィックスブレーキパッド■ADVICS ストリートスペック 1台分 【品番:SS109-s/SS796-s】 スバル インプレッサ GC8 96.09-97.08 WRX-RA-STI (F:4POTキャリパー車) DIXCEL BRAKE PAD Z Type リア用 メルセデスベンツ Eクラス ワゴン E350 4マチック W211 211287用 (Z-1153335)【ブレーキパッド】ディクセル Zタイプ ■DIXCEL(ディクセル) DG52T DH52T DG52V DH52V DG52W スクラム SCRUM 99/1~01/09 ブレーキローター フロント SD TYPE Clazzioシートカバー NEO(ネオ) ダイハツ ブーン H28/4~ グレード: X/X"Sa2" 型式: M700S/M710S 定員: 5 ET-1028

最終更新日:2003/05/25

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-30793